OTA-man's blog

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
FREE TIBET !! 20:58
ダライラマ14世

僕はチベットに行ったことはありません。
が、いつか必ず訪れてみたいと思っています。
そしてカンリンポチェ山に巡礼してみたいと思っています。
あわよくば6000mくらいの山に登ってスキーができたらいいなーとも夢みています。
でもチベットの人々が神と崇めている山に、アルピニズムだ登頂記録だ何だとぬかして
土足で踏み込むことは決してしたくないと思っています。

僕はチベットかぶれです。
今まで色々なチベットに関する本を読んできました。
そのほぼ全てが、いわゆる西側から見たチベット像でした。

僕はそこから得た知識でしかチベットについて知りません。
ですがダライラマご自身が書かれた本を読んで、非常に感銘を受けました。
彼の主張は人間としての根本的な道徳をといていると思えるのです。
そしてダライラマを信奉するチベット人たちは、多くの旅行記の作者たちが
語っているように、きっと平和を愛する良い人たちなんだろうと信じています。

僕はチベットファンです。
先進国のリベラル派の人間に典型的に見られる例ですが、チベットやチベット人たち
(ヨガやヨーギーもそうですね) を何か神秘的で崇高な存在だと思いこんでいます。
現代のさまざまな問題を解決するヒントが、チベット仏教の教えに隠されているの
ではないかと期待しています。

チベット人たちをいじめる中国共産党政府とはいったい何者なのかと思って、
毛沢東や文化大革命に関する本を読んだりもしました。
とは言ってもこれらも西側の人間が書いたものですが。
結論から言うと、僕にはまったく意味不明でした。
クレイジーとしか言いようが無い。
あまりの理不尽さにはらわたが煮えくり返りました。

だから今回の騒動に関して、僕は無条件でダライラマとチベットの人々を応援します。

僕にはチベット人の知り合いも、漢民族の知り合いもいません。
もちろん悪いチベット人もいるし、良い漢人もたくさんいるはずです。
当たり前ですが、中国人が悪いとは思いません。
悪いのは頭のいかれた命令を出している権力者たちです。

暴力行為を持って聖火やオリンピックに反対するのは愚かな行為です。
「非暴力」こそ、チベットを支援する人たちがとるべき手法です。

日本の報道機関がこれだけチベット問題を取り上げるのはかつて無いです。
世界的に見てもそうでしょう。
世界世論の力が中国政府の政策を変えさせることは可能でしょうか?

チベットに平和と自由、そして真の自治あるいは独立が訪れることを祈らずにはいられません。
そしてダライラマ猊下がいつの日かチベットに戻られることを。

FREE TIBET !!
| ウンチク | comments(4) | trackbacks(0) | posted by otaman -
Comment








FREE TIBET!!ですね。

僕もチベットにはなんだろう、一種の憧れみたいなものがありまして・・・。
固有の文化だったり、僧侶の表情だったり。

野口健氏のブログも拝見しました。
中国政府、チョモランマのベースキャンプまで舗装するって・・・(-_-;)
どんだけ逆行してるんだか・・・。ヒマラヤが壊されていく。

もともと中華な方々は何よりも面子を大事にするとか。
・・・ある意味いわゆる欧米人より利己主義なのかもしれませんな。

漢民族による民族同化政策・・・。アメリカのイスラム圏に対する民主主義の押し付けに似ていなくもないか?
posted by JUNYA | 2008/04/09 10:58 PM |
お久しぶりです!
世界的に宗教の戦争って多いよね
私が知っている限り、坊さん、神主など
ロクナ人間いないです。

本当の宗教って何?
posted by nami | 2008/04/09 11:32 PM |
>JUNYAさん
中国人の個人個人の考えを直接聞いたことがないけれど、
政府を挙げてこれだけ国際社会の倫理観とかけ離れた蛮行をしていると、
やっぱり根底にあるのは中華思想ってやつなのかなーとも思ったりもします。
同じ中国人でもウイグルやモンゴル民族、あるいは雲南辺りの
少数民族の今回の件に対する意見は全く聞こえてきませんね。
最終的には中国人自らが人権意識に目覚めて自分たちの国を変えていくしかないと思います。
それにはまず中国国民の知る権利や報道の自由が保証されなくてはならないんだけど、
僕ら外国人が今回のオリンピックを契機に外圧をかけれるとしたらそこなのかなと思います。

チョモランマベースキャンプまで舗装路になったら残念ですね。
僕らチベットかぶれの外人にとっては。

一方で一般の観光客や一部の登山家のなかには歓迎する人たちもいるでしょうね。
誰だってチョモランマを一生に一回見てみたいと思うでしょうから。
(ベースキャンプのロンボク寺ですでに5000m以上あるから誰でも行けるはずもないけど・・・)

でも道路を作ったことによって一概にヒマラヤが壊されるとは僕は思いません。
チベットの人たちだって道路は良い方がいいと思ってるかもしれませんし。
富士山みたいにならないように、例えばアメリカの国立公園のように管理と啓蒙を徹底して、乱開発を禁止し、
そこで得た観光収入を教育や医療に回すとかもできるし。
問題ははそういったことをチベット人自身が決める権利がなくて、
中央政府が国威掲揚のために一方的に押し付けてることでしょうね。

あ、ちなみに僕は野口健氏は好きではありません(笑
どうもインチキ臭がプンプンして。



>namiさん
ご無沙汰しております。
最近東京に行く機会がなくてすいません。

本当の宗教・・・哲学的な難題で来ましたね・・・
何でしょうね?
こんなこと書いておいて無責任なんですが、僕はわかりません(汗)

ただチベット問題と言うのは宗教対宗教の民族紛争というよりも、
中国共産党によるチベットへの一方的な侵略だと僕は考えています。
ナチスや旧日本軍がかつて行ったのと同類な。

たぶん日本人の多くはどうしてチベットが今の状況になったか
知らないと思うけど、これを機に関心を持つ人が増えたらいいなと思っています。


>こざまきさん
すいません・・・マウス操作を誤ってコメント消してしまいました・・・

チベット語ですか?すごいですねそのお友達!
チベット語は口語と丁寧語がぜんぜん違って難しいって読んだことがあります。
でもシルクロード周辺の人たちは3ヶ国語も4ヶ国語もはなすようだし、
昔チベットに潜入した日本人たちも完璧にチベット語をマスターしたわけだし、
頭が下がります。
俺もせめて英語くらいはもう少し頑張りたいな〜

posted by o-man | 2008/04/11 12:33 AM |
ま、野口氏のこと、嫌いとか好きとか考えたこと無いなー。
彼の行動全て容認するわけでもないし。

結局のところ、チベットだったりダルフールだったり
現状酷い状態のところが少しでも良くなればいいなーと。

んで、そのためには関心を誘う人物としていいんぢゃないかと。
発言の内容に信を置くかどうかは聞いた人の判断で。

あと、「チベット人」とか「漢民族」とか一括りにしてるとやっぱり誤解も出るだろうなーとか。
posted by JUNYA | 2008/04/11 12:14 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>