OTA-man's blog

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ズボンの話 12:11
皆さん山に登るとき地図はどこに携帯していますか?


リュックサックの中・・・・・見たいときにすぐに取り出せないから×

上着のポケット・・・・・暑くて脱いだときに取り出せないから×

チェストバック的なもの・・・・・滑るときブラブラするから×

フトコロであたためる・・・・・落としやすいから×

正解はズボンのポッケに入れるでした。

続きを読む >>
| ウンチク | comments(4) | trackbacks(0) | posted by otaman -
ダウンの寝袋の洗濯に挑戦! 10:51
10年間いろんなところを一緒に旅してきた僕の寝袋。
はっきりと数えたことはないが、300泊くらいは使っているのではないだろうか?


アクシーズクイーン製、中綿は当時最高クラスのFP700が550g、だいたい
−10℃対応くらいだったと思います。
若かりしころ一大決心で購入した憧れの羽毛の寝袋も、最近は「なんか寒いな〜」という状況。
明らかに膨らまなくなってきました。

そこで秋晴れのある日、一念発起してダウンの寝袋の洗濯に挑戦いたしました。
臭い寝袋をお持ちの皆様の人柱になってみました。

続きを読む >>
| ウンチク | comments(1717) | trackbacks(0) | posted by otaman -
マウンテンバイキングにくびったけ 10:37
先日買ってしまった新車によって、MTBに見事にハマってしまいました。
甘い誘惑に負けてしまったのです。
チャリンコ馬鹿な人たちの罠に落ちました。


続きを読む >>
| ウンチク | comments(5) | trackbacks(0) | posted by otaman -
白 VS 黒 15:17
オリンピック今日で最終日ですね。
批判は書きませんよ(笑)
皆さんちゃんとテレビ見てましたか?
選手じゃなくてカメラマン席の方(笑)

ちょっと前までは、スポーツ大会といえば白レンズのCANONが90%近くだったような
イメージがあったのですが、今回は黒レンズのNIKONがずいぶん復権してたように見えました。
だいたい半々くらいだったかな?
なーんて思ってたらこんな記事がありました。

確かに今のNIKONは勢いを感じますね〜。
D3うらやましい・・・
このまえ発表されたD700なんて完全に不意を付かれた登場でした。
僕のスタイルから言えばこのD700かD300の方が合っているんですが、これもまた素晴らしい。
CANONにはD300に相当するクラスのモデルがありませんからね。
今回のオリンピックにあわせてCANONも新機種を投入してくるかと思ったんですが、なかったです。
ひょっよしたら極秘のうちにテスト機を投入していたのかな?
まああれこれ考えずに1D MarkIII買ってしまえばいいんだろうけど、重いし高いからな〜

「写真は道具じゃないよ!」なーんて知ってるぶって強がってはみても、
やっぱりスペックが気になるのが人というものでしょう(笑)

そもそも僕がCANONにしたのは特に思い入れがあったわけではありません。
むしろ心情的にはNIKONが欲しかった。
だって格好良いんだもん。憧れてたんだもん。

が、デジタル化するに当たって、当時は明らかにCANONの方が優れていたし、
20Dという名作の中級クラスがあったからです。
一度CANONを買ってしまえば、もう移籍することはできません。
ご存知のように両メーカーではレンズが違いますから。
MACとWINDOWSみたいなもんでしょうか。一度どちらかでソフトをそろえたらもう変えれないみたいな。
もし今NIKONに鞍替えしたらかかるお金は100万円を下らないでしょうね・・・
スキー界と同じく、ここでも共通規格というのは夢のまた夢の話のようです。

まあこの永遠のライバル2大メーカーはイタチゴッコなので、CANONもすぐに新しい機種をだしてくると思うのですが。
「そんなことに煩わされてないで腕を磨きなさい!」っちゅーことでしょうか?




しかしまあ、何と言っても、元水泳小僧としては康介(と気安く呼びたくなってしまう)
の100mがやっぱり最高でしたねー!!
ソウルの鈴木大地に匹敵するくらい興奮してしまいました。
カッコ良過ぎてちょっとムカつきました。
| ウンチク | comments(2) | trackbacks(0) | posted by otaman -
日本最高 15:00
チベットについてのブログを書くに当たっていろいろ調べているうちに思ったんですが、
世界で一番高い山の呼び方について、日本ではチョモランマという呼び方が大分定着してきたようですね。
あるいはネパール名のサガルマーター。
これは当然と言っちゃ当然だし、とても良いことだと思います。
同様にマッキンリー → デナリ
地元の人たちの文化を尊重しようという世界的な流れですね。

続きを読む >>
| ウンチク | comments(5) | trackbacks(0) | posted by otaman -
FREE TIBET !! 20:58
ダライラマ14世

僕はチベットに行ったことはありません。
が、いつか必ず訪れてみたいと思っています。
そしてカンリンポチェ山に巡礼してみたいと思っています。
あわよくば6000mくらいの山に登ってスキーができたらいいなーとも夢みています。
でもチベットの人々が神と崇めている山に、アルピニズムだ登頂記録だ何だとぬかして
土足で踏み込むことは決してしたくないと思っています。

僕はチベットかぶれです。
今まで色々なチベットに関する本を読んできました。
そのほぼ全てが、いわゆる西側から見たチベット像でした。

僕はそこから得た知識でしかチベットについて知りません。
ですがダライラマご自身が書かれた本を読んで、非常に感銘を受けました。
彼の主張は人間としての根本的な道徳をといていると思えるのです。
そしてダライラマを信奉するチベット人たちは、多くの旅行記の作者たちが
語っているように、きっと平和を愛する良い人たちなんだろうと信じています。

僕はチベットファンです。
先進国のリベラル派の人間に典型的に見られる例ですが、チベットやチベット人たち
(ヨガやヨーギーもそうですね) を何か神秘的で崇高な存在だと思いこんでいます。
現代のさまざまな問題を解決するヒントが、チベット仏教の教えに隠されているの
ではないかと期待しています。

チベット人たちをいじめる中国共産党政府とはいったい何者なのかと思って、
毛沢東や文化大革命に関する本を読んだりもしました。
とは言ってもこれらも西側の人間が書いたものですが。
結論から言うと、僕にはまったく意味不明でした。
クレイジーとしか言いようが無い。
あまりの理不尽さにはらわたが煮えくり返りました。

だから今回の騒動に関して、僕は無条件でダライラマとチベットの人々を応援します。

僕にはチベット人の知り合いも、漢民族の知り合いもいません。
もちろん悪いチベット人もいるし、良い漢人もたくさんいるはずです。
当たり前ですが、中国人が悪いとは思いません。
悪いのは頭のいかれた命令を出している権力者たちです。

暴力行為を持って聖火やオリンピックに反対するのは愚かな行為です。
「非暴力」こそ、チベットを支援する人たちがとるべき手法です。

日本の報道機関がこれだけチベット問題を取り上げるのはかつて無いです。
世界的に見てもそうでしょう。
世界世論の力が中国政府の政策を変えさせることは可能でしょうか?

チベットに平和と自由、そして真の自治あるいは独立が訪れることを祈らずにはいられません。
そしてダライラマ猊下がいつの日かチベットに戻られることを。

FREE TIBET !!
| ウンチク | comments(4) | trackbacks(0) | posted by otaman -
最近カッコいいと思うもの 18:46
何かね、最近すごく感じるんだけど、スノーボードがカッコいいと思うんですよ。


rider:Maruta Yuji @ MOUNTAIN STREAM 2008

今さら、というか、再び、というか、やっぱり、というか、とにかくこう
何かスゲー格好いいんです。

続きを読む >>
| ウンチク | comments(2) | trackbacks(0) | posted by otaman -
話題のあの映画 23:18
久しぶりのブログ更新です。

「最近更新しないね〜」
というお声をたくさんの方から頂いているのですが、はい、サボってます。
スミマセン。
相変わらず元気にやっております。

はっきり言って「当たり年」の今シーズン、毎日滑るのに忙しくてネタがないと
いうのが一番の理由なのですが、「いやその滑ったことをネタにしろ」、
と言われればその通りなのですが、
最近は、
 「何処どこに滑りに行きました。チョーパウダーでした。イェ〜!」
みたいなのはもういいかなーと思いまして・・・

何かいい写真が撮れたとか、新しいエリアを発見したとかいうなら日記でも書いて
皆様に自慢しようかと思うんですけどね〜・・・

それと、意外に皆さんに好評なのが、僕がいろんな物事にイチャモンをつける「ウンチク」な日記。
これも最近はストレスのほとんど無い生活をしているので、ネタがありませんでした。



が、しかし。
ありましたありました、ネタが。
今スキー業界ではその話題で持ちきりの(なのか?)、あの映画についてです。

そうです。「銀色の何とか」ですね。

見たよ、見ましたよ。この俺が。だいぶ前だけど映画館に行って。
どんな批評を下すにしろ、実際に見てもいないのにつべこべ言うのは良くないと思いましてね。

まあ、ね・・・、何と言うか、ノーコメントということにしておいて下さい・・・。
十人十色、いろんな見方があるわけですから。
続きを読む >>
| ウンチク | comments(2) | trackbacks(0) | posted by otaman -
ビンディングの問題 00:22
どーも。
つい昨日、めでたく、本年度の「スキーしたい病」スイッチが入ったオオタです。

仲間たちのブログを巡回しても、そろそろボチボチと、みなさんスイッチが
入ってきているようですね。
僕はだいたい例年並みです。

このスイッチが入ると、もうダメですね。
こーなんというか叫びだしたい衝動に駆られるというか、思いっきりそこ
らへんをダッシュしたくなるというか、とにかく心がザワザワ・ワナワナ
してまいります。
とにかく楽しみで楽しみで・・・

あまりの滑りたさに、夢の中でスキーしちゃって、崖を飛んだりして夜中に
飛び起きた経験なんてありませんか?
階段を降りるときに、無意識に横回転しながら飛び降りてしまった経験なん
てありませんか?
シーズンオフの充電が限界まで達して、出口を求める自分の中のパワーが
パチパチあふれ出している、みたいな感じでしょうか・・・

が、スキーバカ歴も10年を超えるとそこらへんは心得たもので、
「一人ファッションショー」と「DVD見てイメトレしまくり」はシーズンイン
間際までとってあります。
これしちゃうと本当に違う世界に行っちゃって生活に支障をきたすように
なってしまうので・・・

おそらくこの「スキーしたい病」の発作が来なくなったら、そのときは
スキーを辞めるときなんだろうなー、と最近思うようになりました。
ま、俺に限って、そんな時が来るわけないけどね!
続きを読む >>
| ウンチク | comments(226) | trackbacks(0) | posted by otaman -
嗚呼、青春の・・・ 19:33
嗚呼、我が青春の天神平・・・


いつの間にやらこんなにキレイなロープウェイになっちゃって・・・

続きを読む >>
| ウンチク | comments(4) | trackbacks(0) | posted by otaman -
| 1/2 | >>